繰り返す口周りのニキビ

朝起きて、顔にニキビができていると憂鬱な気持ちになりますよね。昨日まではなかったのに、なんで急にできるんだろう…と、朝からテンションが下がってしまいます。

だいたいニキビができる場所が口周りやあご、フェイスラインにできることが多く、口周りは暴飲暴食や胃が弱っているときに必ずと言っていいほどニキビが現れます。

原因を思い返してみると、2、3日前にお肉を食べ過ぎていたり、スナック菓子を食べたり、油っぽい食べ物を食べていることに気付きます。

こういう食事をしたらニキビができるとわかっていてもやめられない自分が情けない…。そして、こういう肌に悪い食べ物をたくさん食べた翌日は、決まって胃腸の調子が悪くなり、お腹の調子が悪くなります。胃腸の調子が悪くなると2、3日後に口周りにニキビが出てきます。

毎回毎回同じパターンなので、自分で食事管理や体調管理をすれば、ニキビも予防できると思うので、これからは気持ちを入れ替えて頑張ろうと思っています。(ジュエルレインの価格情報へ

「口周りのニキビや肌あれは、胃の調子が悪い証拠」ということは間違いありません。
ニキビができたときに薬を塗ったり、ニキビ用の化粧水を使ったりと、外側からのケアも大切ですが、もっと大事なのは内側からのケアだと思います。
規則正しい生活、食事管理でキレイな肌を目指したいです。

ニキビを治すためにできること

ニキビには、皮脂対策と乾燥対策の両方を行うのがおすすめです。
ニキビは過剰に分泌される皮脂が毛穴を詰まらせてできる皮膚炎です。

思春期ごろが好発年齢で、徐々にその後症状は治まるといわれていますが、最近では大人になってからできるアダルトニキビに悩まされる人も増えています。
基本的にニキビは皮脂が関係していると考えられますので、洗顔で余分な皮脂を除去するのは重要と考えられます。

思春期の頃は脱脂力の強い洗顔料でも構いませんが、大人になってあまりに洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと肌の乾燥を促してしまいますので、マイルドな洗浄力のものがおすすめです。
しっかりと洗顔料を泡立ててこすらずに洗うことで、ニキビの元になる皮脂を除去することができます。
洗顔後は化粧水やオールインワンジェルなどで保湿を行うのが大切です。

洗顔後そのままにしておくと、乾燥を防ぐために皮脂の分泌が過剰になるケースもありますので、洗顔で肌を清潔にした後は速やかにスキンケアを行うと良いでしょう。

出来てしまったニキビには皮膚科の薬が効果的です。
ニキビ以外のところにつけないように気を付け、一日何回か塗ることでニキビの炎症を抑えて早く治すことができます。

ニキビを作らない強い肌

顔や背中、首が妙にむずがゆいと思ったらニキビが出来ていたということはないだろうか?
白い油のようなものが皮膚から出てくるニキビもあれば、黒くしんのようなものがブツブツと出来ているニキビもある。

そう‥それは皮膚が炎症を起こしているからなんです。
何故皮膚が炎症を起こしてしまうのか?
人間の皮膚というのはデリケートなものなのです。

顔を手で触ったり、前髪の毛先が皮膚に当たったり風にふかれたりと、普段日常で当たり前のように起こる些細なことも外的要因としてニキビが出来る原因になり得るのです。
さらに原因は外的要因だけでなく、食事や睡眠時間、ストレス等、生活面もニキビの要因として関わってきます。

これだけ原因がある中、何をすればニキビは治療出来るのか?困ってしまう人も多いと思います。
外的要因から考えてみますと風にふかれて肌が乾燥したり思わず顔に手をやってしまったりと気をつけてはいても外的な肌の刺激は避けられないものなのです。

対し内的要因の改善はいくらでも可能なのです。栄養バランスのとれた食事をとること、充分な睡眠時間を確保すること、ストレスをため込まないようにリラックスをしてみる等、外的要因にも耐えられるような強い肌を作っていくことが重要なのかもしれません。